躁鬱の症状に気付いたら【まずはセルフチェック】

ナース

気分変動が大きくなったら

診察

特徴を知ってますか

躁鬱病とは、鬱病の一種といえます。一般に鬱病には単極性鬱病と双極性鬱病があり、この双極性鬱病のことを躁鬱病とも呼ぶのです。躁鬱病の症状は、鬱症状と躁症状に分けられます。鬱症状では、何か仕事をしていてもやる気がなくなって続かなくなる意欲障害や、少し複雑な仕事になると急にどうしていいか分からなくなる思考障害などがあります。躁症状としては、ソワソワして何かしていないと落ち着つかなくなったり、自分が非常に偉くなったように感じ、周囲の人に対して尊大な態度をとって人間関係を壊したりといった症状があります。治療は、薬物療法が中心で、抗うつ薬に加えて感情を安定させる薬や、不眠に効く薬など、発症している症状に合わせて処方されます。特にチェックしたいこととしては、患者が薬物療法を始めたときに、自分が病気であるという自覚と理解があるかどうかです。この点をしっかりチェックしておかないと、患者の中には鬱状態から躁状態に状態が変わった時に、鬱症状が消えたから抗うつ薬は飲まなくていいと判断する可能性があります。このようにならないために、薬物療法を始める前にしっかり患者に病気の自覚をもってもらい、薬を飲み続ける必要性を理解してもらう必要があります。それにより、内服を中断する危険性は回避できます。

治療方法はこれです

躁鬱病の治療方法において重要なのは、心理教育と薬物療法です。心理教育は患者が自分の病気や疾患の特徴、治療の方法と注意点について、医師とカウンセリングを受けながら、学習していく治療方法です。患者が医師の説明を十分に理解できているかは、退院前には何度もチェックします。退院後は、とくに患者が病気をしっかり管理できることが必要になるからです。薬物療法では、具体的な注意点が理解できているかをチェックします。特に見落としがちなのが、躁鬱病の場合は、症状によって薬物療法の内容が変化する点です。躁状態と鬱状態では、内服する薬は違います。患者は自分の状態から薬を内服すべきなのか否か、判断することが求められます。躁状態のときに鬱病の薬を内服してしまえば、症状は悪化しても改善はしません。ここで問題になるのは、患者自身、自分が今鬱状態なのか、それとも躁状態なのか分からないことが多い点です。これは、医師とのカウンセリングを何度も受ける中で徐々に分かるようになるもので、すぐに身に付くものではありません。よって、患者は入院後に十分に自分の鬱状態と躁状態について、客観的に知る必要があるのです。これにより、必要な薬を判断して内服できるようになります。